彼女が喜ぶ指輪のクリスマスプレゼント

LINEで送る

彼女へのクリスマスプレゼント

彼女へのクリスマスプレゼントといえば、指輪やネックレスなどのジュエリー類が相場ですが、その中でも指輪はネックレスと並んでテッパンです。

彼女とある程度お付き合いしてより一層ディープな関係になっていきたいというここ一番の勝負どころで指輪のプレゼントは強力な武器になってくれるに違いありません。

そこで彼女がクリスマスプレゼントなんかでもらって喜びそうなブランドをいくつかご紹介したいと思います。

彼女が喜ぶ指輪のプレゼントベスト3

どんな指輪をプレゼントしたら彼女、喜んでくれるだろうかって一番気になりますよね。

そこで「Ladys Me」というブランドラサイトがンキング調査した「プレゼントされて嬉しい指輪ブランド」のベスト3を紹介したいと思います。

【第1位】 ティファニー

さすが「ティファニーの指輪」というだけあって2位を大きく引き離して輝ける堂々の1位です。

ティファニー(http://www.tiffany.co.jp/)といえば言わずと知れた世界に名だたる超有名ブランドですが、中でもティファニーの指輪というのは彼女へのプレゼントの定番中の定番です。

  アトラス

アトラスの指輪には「永遠の時間」という意味が込められていて、永遠の愛を彼女に誓うあなたが贈るのにぴったりのプレゼントです。

指輪に刻まれているローマ数字が実に印象的でシンプルなデザインですが、品格が感じられます。

ティファニーのアトラスの指輪の画像

アトラス

  ラビングハート

ハートとハートが絡み合う指輪のデザインは、まさに愛する二人が寄り添っている姿をまざまざとイメージさせてくれます。

パロマ・ピカソによる愛を象徴するこのハートのデザインのラビングハートは上品で適度なボリューム感もあるので彼女へのプレゼントにまさにぴったりです。

他のブランドの指輪と比べても比較的手の届く価格帯なのも魅力的です。

ラビングハートの指輪の画像
ラビングハート

ティファニーの指輪は大体、2万円台から10万円以上位の値段がの相場になります。

【第2位】 4℃

彼女がプレゼントされて嬉しい指輪ブランドベスト3の第2位は「4℃」(http://www.fdcp.co.jp/4c-jewelry/)です。

「4℃」と書いてそのまま「ヨンドシー」と読むというちょっと変わったネーミングのブランドです。

「4℃」の指輪は「究極のシンプル」デザインで完璧なバランス美を追及し、素材の純度、安全性、耐久性などで厳しい審査基準を設けて品質や性能にもとことんこだわっているメーカーのブランドです。

それ以外にも例えば指輪の裏側への丁寧な磨きで丸みをもたせるなどして「4℃」の指輪は素肌に優しくなじませるための細やかな配慮も怠っていません。

  エターナルシルバーリング

優美なリングのS字ラインが指先を美しく見せます。

指輪の素材のキュービックジルコニアはパワーストーンとしては人を苦難から救い、平和を呼び寄せる力があるといわれています。

エターナルシルバーリング

  K10PGダイヤモンドダブルループリング

ピンクゴールドの輝きを放つ指輪のラインに沿ってダイヤモンドが施されていて彼女の手元を華やかにしてくれます。

ダイヤモンドダブルループの指輪の画像

「4℃」の指輪は大体、1万円台から5万円位の値段が相場になります。

【第3位】 カルティエ

彼女がプレゼントされて嬉しい指輪ブランドベスト3の第3位は「カルティエ」(http://www.cartier.jp/)です。

いわずと知れた高級ブランドで「大人の女性に似合う」品格のある指輪です。

1847年にパリの地で創業されたメゾン・カルティエは創業者の孫であるルイ、ピエール、ジャックの「カルティエ3兄弟」の時代ロシヤや英国などの王侯貴族の御用達ブランドとしての地位を確立し、世界に名だたる映画スターのハリウッドセレブたちにも愛されてきた押しも押されぬ伝統と格式のある世界的なブランドです。

  ラブリング

カルティエブランドの定番ですが、指輪に刻まれているビスマークは二人の愛を封じ込めることを意味し、愛と絆を象徴して創られた指輪です。

ラブリング

  トリニティ・ドゥ・カルティエ

神秘と調和に満ちた3色の輝きを放つトリニティ ドゥ カルティエ。

ピンクゴールド、イエローゴールド、ホワイトゴールドの3色はそれぞれ、愛、忠誠、友情を象徴しています。

あのフランスを代表する文学者、ジャン・コクトーも愛用したトリニティ ドゥ カルティエは時空を超えて愛用されているカルティエの定番コレクションです。

トリニティ・ドゥ・カルティエ

カルティエの指輪は大体、10万円から20万円以上の値段が相場になります。


彼女が喜ぶ指輪のプレゼント第4位~第10位

【第4位】 ザ・キッス

「ザ・キッス」(http://www.thekiss.co.jp/)はペアリングで有名なブランドで、10代の高校生から20代の年齢層を中心に30代まで割と幅広い年齢層に人気があります。

品質とブランドイメージを維持するためにあくまでも国内生産にこだわり、東京・恵比寿のアトリエでは企画・デザインから制作・仕上げに至るまで一貫して制作できる体制が整えられていて、メンテナンスやアフターサービスにも注力しています。

  ダイヤモンド・ピンク&ブラックコーティング・シルバーペアリング

優美なウェーブラインが印象的なダイヤモンドのペアの指輪です。

ダイヤモンド・ピンク&ブラックコーティング・シルバーのペアの指輪の画像

  くまのプーさん/ハチミツ キュービック・シルバーペアリング

ディズニーのくまのプーさんが大好物のとろけるような甘いハチミツがかかっているのをイメージしたディズニーコレクションのペアの指輪です。

ハチミツ キュービック シルバーの指輪の画像

指輪の内側にはくまのプーさんのフェイスが刻印されています。

「ザ・キッス」の指輪は大体、ペアで2万円代から6万円位の値段が相場になります。

【第5位】 スタージュエリー

おしゃれで可愛いデザインが特徴のスタージュエリー(http://www.star-jewelry.com/)の指輪。

スタージュエリーのプラチナはハードプラチナで世界基準の高純度のPT950が使用されています。

スタージュエリーの指輪は大体、ペアで2万円代から7万円位が相場です。

  OXIDIZED SILVER STAR RING

星をモチーフにしたシンプルなデザインのシックに仕上げた指輪です。

スタージュエリーの指輪の画像

  BLUE TOPAZ COSMIC RING

小宇宙をモチーフにした立体感のある指輪です。

適度なボリューム感が彼女の手もとをより華やかに魅せてくれるでしょう。

第6位~第10位

「Ladys Me」の「プレゼントされて嬉しい指輪ブランド」調査では第6位~第10位までのランキングは以下の通りとなっています。

【6位】フォリフォリ  (http://www.follifollie.co.jp/)

【7位】ヴァンドーム青山  (http://vendome.jp/list_cat63.html)

【8位】アガット  (http://www.agete.com/)

【9位】ポンテヴェキオ (http://www.pontevecchio.jp/) 

【9位】アーカー (http://www.ahkah.jp/)

【10位】サマンサティアラ


彼女が本当に喜ぶプレゼントはあなたの真心の指輪

最後にとっておきのいい話を一つ。

「永遠のゼロ」でお馴染みの百田尚樹さんの小説「フォルトゥナの瞳」の中で主人公の慎一郎がまだ付き合い始めたばかりの恋人の葵のために全財産をはたいて70万円のダイヤの指輪を買う場面があります。

 ダイヤの指輪は28歳の彼にとって生まれて初めてのプレゼントで、しかも彼は三日後の生まれて初めての横浜でのデートでその指輪を葵にプレゼントするつもりでした。

 横浜の百貨店でダイヤを買った慎一郎はそのまままっすぐに蒲田の自宅に帰るつもりでしたが、ふと葵のことを思い出した彼は葵の職場の携帯ショップのある川崎で途中下車して駅前のスタバで彼女と待ち合わせをすることになりました。

 ところが、彼がスタバで葵からのメールの返信に夢中になっている間に、横の椅子に置いてあったダイヤの入った袋が盗まれ、なくなっていることに気づき、ショックのあまり彼は葵と会うこともなく、そのまま絶望的な気持ちで自宅に帰ってしまいます。

lovers

 1時間後、意気消沈している彼のもとへ葵が訪れ、彼の会社兼自宅の事務室で二人は暖かい紅茶を飲みながら話します。

 「大切なプレゼントってーもしかして、指輪?」と葵が静かに訊くと、慎一郎は図星を指され、思わず絶句してしまいます。

 そして、葵は微笑んで慎一郎の両手の上に彼女の右手を重ね、優しい声で「大丈夫」といい、その後「いま受け取ったよ」と自分の右手を左手の薬指に添えます。

 そんな葵の仕草を見て、慎一郎の目から思わずどっと涙があふれ、彼は「ごめん」といって涙をぬぐいます。

 それをじっと見ていた葵も「私のために、頑張ってくれたものだったんでしょう」と彼女の目にも涙が浮かんでいました。

 その後、慎一郎と葵は抱き合い、初めのキスを交わします。

 「フォルトゥナの瞳」のこの場面を読むと、高級ブランドのプレゼントもいいけれど、やはり「真心の指輪」にはかなわないなあとつくづく感じてしまいます。

(セリフの部分は新潮社刊 百田尚樹作「フォルトゥナの瞳」より引用 )

最後の最後に余計なことをひとつだけ。大枚はたいて買った指輪のプレゼントを同じ渡すならちょっとした、サプライズ演出をしてみてはいかがでしょうか。

イヴの夜に高級ホテルのレストランでディナーの後にプレゼントを渡すのもよいですが、例えばお部屋で彼女とマッタリとイヴの夜を楽しむ場合、通販なんかで購入したコスプレでサンタクロースに変身して「メリークリスマス」といってサンタさんの袋の中から指輪のプレゼントを渡してあげてはどうでしょうか。

彼女はビックリ感激してイヴの夜はお互いに燃え上がること間違いないでしょう。

 

LINEで送る