クリスマスカードのたしなみ

LINEで送る

クリスマスホームパーティー

クリスマスカードを贈る習慣は年賀状のように日本ではあまり定着していないようですが、アメリカやヨーロッパではクリスマスシーズンになると友人やお世話になった人たちにクリスマスにちなんだ絵葉書やグリーティングカードを贈り、贈られてきたクリスマスカードを12月24日のイヴの日までに部屋に飾ってクリスマスを待ち望むという習慣があります。

自宅の部屋だけでなく、会社のオフィスなどにも飾られることが多く、取引先などから続々届く様々な形をしたカラフルなカードを会議室などの壁面いっぱいにどんどん貼り付けて、クリスマス・イブが来るのを楽しみながら待つそうです。

クリスマスカードを贈る時期は

アメリカではサンクスギビング・デーの翌日あたりから

アメリカでは11月第4木曜日のサンクスギビング・デーの翌日から1月6日のキリスト教の公現祭までの期間あたりまでがホリデイ・シーズンと呼ばれ、この時期にクリスマスカードを贈り合います。

ですからアメリカに友人や知り合いの方がいる場合は、サンクスギビングデイの翌日あたりに着くようにカードを贈るとよいかと思います。

メリークリスマスの本来の意味

クリスマスカードなどに書かれている「Merry Christmas!」というのは、本来、「I wish you a merry Christmas!」(楽しいクリスマスでありますように)の省略形であることが多く、そのように考えると、日本国内の人に送るのもクリスマス・イヴの当日でなくても、アメリカなどの海外に送るのと同様の12月初旬に送っても構わないかと思います。

尚、海外にクリスマスカードを郵送する際にクリスマスまでに到着するための差出の期限が日本郵便のホームページ(https://www.post.japanpost.jp/int/information/2011/1115_02.html)に記載されていますので確認されるとよいでしょう。

クリスマスカードで年末年始の挨拶

アメリカやヨーロッパなどの海外に在住している友人や知人がいたら新年の挨拶も兼ねたクリスマスカードを贈ってあげると喜ばれるでしょう。

アメリカやヨーロッパではクリスマスカードに年末年始の挨拶のメッセージを書くことが多いので「Season’s Greetings and A Happy New Year.(健やかで楽しい年末年始をお迎えください)」や、「I wish you have a Merry Christmas and a Happy New Year.(楽しいクリスマスと幸せな新年でありますように。)」などのメッセージを書いて送ってあげるとよいでしょう。

日本ではやはり年賀状が一般的

一方、日本国内では、職場の人や友人、親戚、お世話になった方などにはクリスマスカードよりも年賀状を送るのが一般的です。

またクリスマスと正月では時期的に殆ど重なっていて、そのような事情もあってか、年賀状を送る以外にも同じような時期に改めてクリスマスカードを贈り合う習慣はあまり日本ではないようです。

クリスマスカードを使うとしたらクリスマスパーティーなどでのプレゼント交換の際に、メッセージを一言、二言書いたカードをプレゼントに添えて渡す時くらいでしょうか。

クリスマスカードのメッセージは

このようにクリスマスカードを贈り合う習慣は日本ではあまり恒例化していないようですが、逆にこれを逆手にとって、家族や恋人に気持ちを言葉で伝えたいけど中々口にしづらいメッセージをクリスマスカードに託して送ってあげると受け取った人にはより印象的に伝わり、より新鮮な気持ちで受け止めてくれるのではないでしょうか。

恋人に本当の気持ちを伝える

つきあっている恋人に「愛してる」と歯の浮くような言葉を口ではなかなか言にくいシャイな人は、クリスマスカードに言葉を託してみるのもいいでしょう。

また、つきあってまだ日が浅く、お互い初めてのイヴの夜を過ごす場合、イヴの少し前に自分の気持ちをほのめかすようなことを一言、二言クリスマスカードに書いて相手に贈ってあげると、イヴの夜の当日は気持ちがうまく言えなくても相手はわかってくれると思いますし、クリスマスカードを受け取った相手はカードをながめながら初めて過ごすイヴの夜をいっそう心待ちにしてくれることでしょう。

両親に感謝の気持ちを伝える

両親と離れて暮らし、仕事の関係などで年末年始に帰省できない人は普段恥ずかしくて言えない両親への感謝の言葉をクリスマスカードに書いて送ってあげるとご両親もきっと喜ばれるに違いありません。

ちょっと提案させてください

面と向かってクリスマスカードを渡すのが恥ずかしかったらネット通販で購入したサンタクロースのコスプレなんかで変装して渡してあげてはいかがでしょうか。

あなたのサプライズ演出で相手はきっとビックリ喜んでくださるでしょう!

LINEで送る