クリスマスの肉料理をお家で簡単に作る方法

LINEで送る

クリスマスホームパーティー

クリスマス料理といえば、真っ先に思い浮かべるのがこんがりときつね色に焼けたチキンや七面鳥の丸焼き、それとローストビーフですよね。

やはりクリスマスディナーもガッツリ食べたい人はどうしても肉料理に目が行ってしまいます。

このページではローストチキンやローストビーフなどのおうちでも簡単に作れるクリスマスの肉料理のレシピをいくつか紹介したいと思います。

クリスマスの肉料理の定番ローストビーフをお家で簡単に作る方法

炊飯器で簡単ローストビーフ

クリスマス料理の定番、ローストビーフが炊飯器で簡単に作れちゃいます。

クリスマスの肉料理の定番ローストビーフの画像

  ローストビーフの材料(2人分)

 国産牛もも肉 300グラム、塩、コショウ 適量、サラダ油 大さじ1/2杯

  ローストビーフの作り方

 1.牛もも肉に塩コショウを適度に降り、キッチンペーパーに包んで30分間程度室内に置いて余分な水分を抜きます。

 2.油を挽いて熱したフライパンで焼きすぎないよう注意しながら、肉の表面を軽く焦げ目がつく程度に強火でさっと焼きます。

 3.ジプロックなどの袋に焼いた牛肉をそのままいれ、ストローなどを使用してしっかり空気を抜いて袋を密封状態にします。

roastbeef2

 4.炊飯器の中に熱湯を入れ、その中に「3」の袋を保温スイッチを入れて30分間漬け込みます。

roastbeef3

 5.30分後に取り出し、しっかり冷ましてから薄く切って並べて出来上がりです。(時間がない場合は冷蔵庫で冷ましても可)

  グレイビーソース(ローストビーフソース)の作り方

 赤ワイン 50ミリリットル、しょうゆ 大さじ1杯、蜂蜜 大さじ1杯、塩 ひとつまみ、酢 大さじ1/2杯

 上記の材料を牛肉を焼いた後のフライパンに入れ、とろみが出るまで中火で煮詰めます。

 ローストビーフのソースはポン酢にスライスオニオンを入れた和風のソースにしても美味しくいただけます。


クリスマスの肉料理の本格派ローストチキンをお家で簡単に作る方法

丸鶏のローストチキン

クリスマス料理といえばローストチキンを思い浮かべる方が多いと思いますが、こんがりときつね色に焼き上がった美味しそうな丸鶏のローストチキンをお家でも簡単に作る方法を紹介します。

  丸鶏のローストチキンの材料

 鶏肉 丸鶏中抜きの小1羽 約1kg、あら塩(又は岩塩)小さじ2杯、黒コショウ(あらびき) 小さじ1杯、

 ローズマリーとタイムのフレッシュハーブを各4枝、ニンニク 3片、 オリーブオイル 大さじ1杯

  丸鶏のローストチキンの作り方

1.丸鶏は調理の30分ほど前に冷蔵庫から出しておきます。

鶏のくり抜かれたお腹の内側を水で洗浄し、お腹の中に余分な脂肪や内臓などが残っていないかを見て、残っていれば丁寧に取り除きます。

洗浄後はキッチンペーパーなどを使用して水気を取り除きます。
  
2.丸鶏の肉の表面とお腹の中にあら塩(または岩塩)と黒こしょうをしっかりとまんべんなく塗りこんでいきます。

3.丸鶏のお腹を仰向けにしてお腹の中にローズマリーとタイムのフレッシュハーブ、半割にしたニンニクを詰め込みます。

クリスマス料理の丸鶏の画像

4.3のローズマリーとタイムのフレッシュハーブ、ニンニクを詰め込んだお尻を閉じて、楊枝で留めます。
 

marudori2
 

5.丸鶏の脚を持ち上げて胸の上で脚を重ねてタコ糸で縛ります。

marudori3

6.次に丸鶏をうつ伏せにして置き、手羽の部分をひねって胴体にくっつけ、楊枝をさして固定します。

marudori4

7.オーブンの天板に大きめに切ったオーブンシートを敷き、四隅をねじって皿のようにします。

  丸鶏を、手羽を下にして30分程度置き、オーブンを230℃に予熱しておきます。

  焼く直前に鶏肉の表面にオリーブオイルを回しかけ、全体に刷毛でいきわたらせます。

8.230℃で予熱していたオーブンで15分間焼き、温度を180℃まで低下させて更に40分間焼きます。

 15分間隔で天板を取出して、鶏肉からあふれ出た脂を刷毛につけて全体に塗り、途中で焦げそうな部分があればアルミホイルで覆います。

marudori5

 鶏のももや胸に竹串をプシュッと刺してみて、透明な肉汁が出れば出来上がりです。濁った汁が出たらさらに焼き時間を追加します。

 簡単とうたっている割には少し手間ひまがかかりそうなレシピですが、このレシピに従って調理すればご家庭でも本格的なレストラン顔負けのローストチキンが美味しく出来上がります。

クリスマスの肉料理の定番ローストチキンの焼き上がりの画像

 このローストチキンのレシピでは丸鶏のお腹の中にフレッシュハーブを入れて風味付けをするのが一つのポイントで、フレッシュハーブの中でも清涼感のあるローズマリーの香りが加わることでシンプルな味付けのローストチキンがぐんと香り高い風味の肉料理に仕上がります。

ローストビーフやローストチキンのクリスマスの肉料理を堪能した後は、サンタコスプレで仮装して思いっきりはじけちゃいましょう。

LINEで送る