クリスマス女子会の写真をスマホで上手に撮る方法

LINEで送る

クリスマス女子会用サンタコスプレ

クリスマス女子会の写真をスマホで上手に撮る方法についてこのページでは紹介しています。

女子会なんかではスマホで撮った写真をフェイスブックでシェアしたり、ツイッター投稿したりするのがオキマリになっている女子の方も多いと思います。

このページではスマホで上手に撮るためのスマホ操作の「基本ワザ」と写真写りをよくするための「基本テクニック」の「正攻法」でまず攻め、更にスグレモノのスマホアプリを使ってスゴイ写真に仕上げるという「裏ワザ」でクリスマス女子会の写真を上手に撮る方法について解説させていただきたいと思います。

スマホで上手に撮る基本

レンズをきれいにふき取る

当たり前すぎて意外と見落としがちなことですが、スマホで上手にきれいに撮る大前提として写真を撮る前にまずスマホ画面のレンズをきれいに念入りにふき取ることです。

スマホで撮った写真が白っぽかったり、光がスジ状に伸びて写っているのはスマホのレンズに皮脂や指紋の付着していることが主な原因です。

ですからスマホで撮る前、特にクリスマスの女子会なんかでみんなでキメ写真を撮るときは必ずレンズを拭いてから撮るように習慣づけましょう。

皮脂や指紋がまた付いてしまうので間違っても素手では拭かずにハンカチや眼鏡拭き、できればレンズクリーナーで拭くようにしましょう。

これはあくまで個人的な感想ですが、レンズクリーナーでは「easy wipe」(発売元:株式会社メガネトップ、製造元:株式会社パール)がおススメです。

たまたま「眼鏡市場」で老眼鏡を買ったついでに購入したのですが、速乾性でレンズのクリーニングから拭き上げまでこれ1枚ででき、メガネはもちろん、スマホ以外にもPCの画面やデジカメのレンズふき取りにも使えます。

ピントをキチンと合わせて撮る

スマホのカメラはピントを合わせたいところにタップする(画面を軽くたたく)だけでピント合わせを簡単にすることができます。

逆にピントを合わせずにオート撮影にすると一番写ってほしかった部分が微妙にピンボケしていたり、暗く写ってしまうことになります。

なのでスマホで写すときは画面をタップしてピントを合わせて撮るのが基本です。

手ブレにならないように撮るコツ

手ブレの主な原因はスマホのシャッターボタンを押す際に押したはずみでスマホの位置ずれが生じてブレることが多く、手ぶれしないように撮るにはシャッターボタンに「軽くタッチして離す」という感覚でいくと手ぶれせずに上手くいくようです。

更に写真を撮る際に両脇を締めて息を吐いたときにシャッターを押すとぶれにくくなります。

「HDR撮影」のモードで撮る

「HDR撮影」はアンドロイドでもiPhoneのスマホでも標準装備されている機能です。

影が濃くなりがちな直射日光の多い屋外や屋内の薄暗い場所などでは写真がどうしても暗くなりがちですが、「HDR撮影」のモードで撮ると写真を明るくすることができます。

通常モードで撮影した写真
HDRモードで撮影した写真

但し、「HDR撮影」は動きのある被写体の撮影や暗部と明部のコントラストが大きいような場所での撮影には向いていないようで、例えばリムジン女子会などで夜景をバックに撮る際は通常モードの方が上手く撮れる場合もあると思われます。

ですから室内のクリスマス女子会で撮る場合はシチュエーションを見ながら「HDR撮影」のモードで撮るようにした方がいいと思います。(余裕があったら「HDR撮影」と通常のモードとを撮り比べてみるとよいでしょう)

上手に撮られるように写真映りをよくする

もちろんスマホカメラの操作を的確に行うことも大切ですが、肝心の被写体の素材がよろしくなければいくら上手くスマホカメラの操作を行っても「尋常な方法では」限界があります。

やはり、カメラ操作以前に写真写りをよくしなければいけません。

顔の血色をよく見せる

クリスマスの女子会なんかでとった写真をSNSでアピルには写っている女子たちの顔色が良くなくちゃいけないですよねえ。

顔色が悪かったら楽しそうなハツラツとした雰囲気が出ないですよねえ。

写真を撮るときに顔の血色をよく見せるには濃い目のメイクがよく、「3倍増しの化粧をする位が丁度よい」とも言われますが、極太アイライン、べったりアイシャドウなどの舞台化粧のような化粧ではなく、頬や唇の部分を中心にポイントメイクをしっかりしなければいけません。

そのためには

フェイスカラーで顔の血色をよくする。

 体型やお顔の大きさが気になる方は、その気になる部分にブラウン系のフェースカラーをのせて「影」を作るというテクニックを使います。

 その際、ブラウン系のメイクの付けすぎやテカリには注意するようにしましょう。

・顔に映えるような白などの明るめの服を着る。

・通常よりも濃い目のリップカラーを塗る。

 但し、ブラウン系のリップは顔の血色が悪く見えてしまうので控えるようにしましょう。

などがポイントになります。

姿勢や体勢、目線を意識する

立って写るときの体の姿勢や、向きや傾き具合の体勢を意識するだけでも写真の印象が随分と違ってくると思います。

立っての撮影ではアゴを引いて背筋を伸ばして、体の中心が頭のてっぺんから天井に向かって引っ張られる感じをイメージしながら立つときれいな立ち姿になります。

体の中心がずれないようにアゴを引くのがポイントです。

体勢の方ですが、体型や顔の大きさが気になる方は一緒に横に並んでいる人よりも半歩か一歩後ろに下がります。

遠近法でより小柄により小顔に写るという効果が期待できます。

また、目線の方はスマホのレンズは見ないでレンズの少し上に目線を合わせると目が少し大きく開きます。

プリクラ並に盛れるスマホアプリのBeautyPlus

せっかくクリスマスに女子会で集まっての撮影なんだからみんなで美しく写りたいものですよねえ。

BeautyPlusというスマホアプリをご存知でしょうか。

いま話題になっているプリクラ並に盛れる美顔カメラのスマホアプリなんですが、BeautyPlusは簡単な操作でシワやニキビをとったり、目も大きくしたり、顔の輪郭も変えちゃうこともできるというスグレモノの美顔アプリなんです。

しかも無料です。

これを使わない手はないですよねえ。

アイフォンでもアンドロイドでも対応していて「beautyplus アプリ」で検索するといくつかダウンロードできるサイトが出てきますのでそこからお手軽にダウンロードして使用することができます。

アンドロイドのダウンロードサイト(Google Play):https://play.google.com/store/apps/details?id=com.commsource.beautyplus&hl=ja

アイフォンのダウンロードサイト(App Store):https://itunes.apple.com/jp/app/beautyplus-purikura-bingmini/id622434129?mt=8

アプリを起動すると「カメラ」や「メーク」、「自撮り動画」など分かれていますが、「カメラ」から入っても「美顔」と「フィルター」のモードがありますので写真を撮りながら「美顔」モードで美白度合いを、「フィルター」モードでお好みの顔の雰囲気に上手く調整することができます。

(出典:https://play.google.com/store/apps/)

更に写真を撮った後に自分のアルバムに格納された写真を「メーク」のところで画像加工できます。

BeautyPlusの高級美顔モード

このアプリの凄いのは顔を美白にしたり、しわやニキビを消したりするだけでなく、目を大きくしたり、小顔や顔の輪郭、足の長さまで変えちゃうことができるという点です。

「メーク」のところに「にきび消し」「小顔」「くま消し」「デカ目」「足長」などの選択モードがあるのでそこで修整を加えることができちゃうんですよね。

輪郭の修整

顔がデカくて気になる女子の方も顔を小さめの小顔にできたり、あごのラインが気になる方はあごの形も修正可能です。

ほうれい線やシワ消し

ほうれい線やシワを消すこともでき、見た目年齢がぐっと引き下がります。

もちろん眉間のしわも消せます。

ニキビやホクロも消せます。

ニキビやホクロ以外にも目の下のクマも消すことができます。

目も大きくできます

お目目バッチリ、目力アップで可愛くキメちゃうこともできます。

(出典:https://play.google.com/store/apps/)

LINEで送る