クリスマスで人気のシャンパン

LINEで送る

シャンパンとワイン

クリスマスで飲まれる人気のお酒といえばシャンパンですよね。

シャンパンは本来、フランスのシャンパーニュ地方で製造された特産の発砲ワインのことを指すのですが、日本ではシャンパーニュ地方以外でも作られた発砲ワインのこともシャンパンと呼ぶことがあります。

シャンパーニュ地方以外で作られたワインはスパークリングワインと呼ぶのが本来の呼び方で、実際ワインボトルの表記もそのようになっています。

クリスマスで人気のクリュッグのシャンパン

クリュッグは1843年に創立されたフランス北部、シャンパーニュ=アルデンヌ地域圏のランスの老舗の名門シャンパンメーカーですが、クリュッグのシャンパンは最高級品としても知られ、「シャンパンの帝王」とも呼ばれています。

厳選されたブドウをオークの小樽で熟成し、手間と時間をかけてじっくりと熟成させるという、創業当初からの変わらぬ独自の伝統的な製法を守り続け、そこから生み出されるクリュッグシャンパンの至高の味わいに魅せられた愛好家たちは「クリュギスト(Krugist)」と呼ばれています。

グランド・キュヴェ

グランド・キュヴェクリュッグのシャンパンの中ではスタンダードクラスに相当し、収穫年が異なる6種類から10種類のブドウをブレンド、「マルチ・ヴィンテージ・シャンパーニュ」と呼ばれ、シャルドネ、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエの厳選された一番搾りのブドウを使用して5~7年間じっくりと熟成して作られます。

人気のシャンパンのクリュッグのグランド・キュヴェの画像

きめ細かな泡立ちのするグランド・キュヴェは、洋梨、リンゴ、スパイスの香りが感じられ、すがすがしく優雅で、それでいて奥行きが深く、ふくよかで力強いという複雑な味わいのシャンパンです。

グランド・キュヴェは、クリスマスで飲まれる人気のシャンパンでクリスマスで出されるどの料理とも相性が良く、中でも白身魚のムニエルやポワレとは格別に相性がよいです。

クリスマスで人気のモエ・エ・シャンドンのシャンパン

モエ・エ・シャンドンは1743年にフランスのシャンパーニュ地方で創業された老舗中の老舗のシャンパンメーカーです。

フランス・シャンパーニュ地方に1,500エーカーの広大なブドウ畑を所有し、収穫期には3,000人もの作業員が収穫日の決められた区画ごとに手作業で収穫を行います。

モエ・エ・シャンドンのシャンパンは、ハリウッド映画など数々の名作シネマの名場面の演出に長年使用されてきたこともあり、アカデミー賞授賞式をはじめとする多くの映画祭や授賞式などでも独占的に提供され、名優たちが晴れの舞台でモエ・エ・シャンドンのシャンパンのボトルにサインする姿はお馴染みの光景となっています。

また、F1世界選手権の公式サプライヤーだった1985年頃から1999年までの期間、F1レースの勝利者たちが表彰台で行うシャンパンファイトにも使用されたこともあり、モエ・エ・シャンドンは映画界やレース界などの世界一を競う華やかな舞台の演出にも一役買っています。

ロゼ アンペリアル

モエ・エ・シャンドンのロゼ アンペリアルはグラスに注ぐと暖かみのあるピンク色をしていて、フルーティで野いちごの様な香りがします。

モエ・エ・シャンドンのロゼ アンペリアルのシャンパン

味わいはフレッシュでいきいきとした果実味が感じられ、のど越しはとてもやわらかなシャンパンです。

ロゼ アンペリアルのシャンパンは大抵のクリスマス料理に合い、個性の強い料理でも合うようです。

クリスマスで人気の007御用達のシャンパン

世界中の幅広い世代から50年余りの長きにわたって愛され続けてきた映画、「007」シリーズに登場するお酒といえばボランジェのシャンパン

1973年の「死ぬのは奴らだ」から現在に至るまでボランジェのシャンパンは「007」シリーズの映画の数々の名シーンを彩ってきました。

数々の修羅場をくぐってきたジェームズ・ボンドの愛飲するシャンパンだけあって男性的で力強くキレのある味わいがします。

007御用達のシャンパンを作るボランジェ社はフランス・シャンパーニュ地方に本拠を置くトップ級のシャンパンメーカーですが、その規模にも関わらず、原料のブドウの実に約65%を自社の畑でまかない、シャンパンの製法も一次発酵を樫の小樽で行うという昔ながらの職人気質を感じる会社です。

スペシャル・キュヴェ・ブリュット

スペシャル・キュヴェ・ブリュットはノン・ヴィンテージの中で最も好まれるシャンパンとして知られ、ボランジェ社の理念とノウハウを体現して熟成期間3年余りの手間暇かけて醸造されたボランジェの代表的なシャンパンです。

ボランジェの007御用達のシャンパンの画像

ピノ・ノワールとピノ・ムニエの黒ブドウが主体で使用され、コクと繊細さが見事に融合した味わいのシャンパンです。

クリスマスで人気のブーブ・クリコのシャンパン

ブーブ・クリコは1772年に多角事業を行うために設立された「クリコ」という会社を発祥とし、その後「クリコ」のシャンパン事業部門がスピンアウトしてできた世界でも有数のフランスの名門シャンパンメーカーです。

ブーブ・クリコは創業後、ロシア帝国の王室まで販路を広げるなど諸外国への輸出も積極的に行い、第一次世界大戦、第二次世界大戦後の復活を経て、1987年に高級ブランドのコングロマリット、LVMH モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンの傘下に入ってからも世界各国の市場に販路を拡大させ、イギリスのエリザベス2世の御用達の指名を受けるなど、世界有数のシャンパンブランドとしての地位を確立させてきました。

ブーブ・クリコのイエローラベル

ブーブ・クリコのイエローラベルのシャンパンにはピノ・ノワール、ピノ・ムニエ、シャルドネの3種類のブドウが原料に使用されていて、ベースとなるピノ・ノワールのしっかりとしたテイストにピノ・ムニエのまろやかさ、シャルドネの上品さが加わった絶妙なバランスのシャンパンが作り上げられています。

人気のシャンパンのブーブ・クリコのイエローラベルの画像

イエローラベルのシャンパンはベースは辛口ですが、さわやかでバランスのとれた味わいのフルーティさの際立つシャンパンです。

またしっかりとしたテイストですが、心地よい香りがして華やかで優しい味わいもするので女性にも好まれるシャンパンです。

ブーブ・クリコのローズラベル

マットピンクのラベルが目に映えるブーブ・クリコのローズラベルはピノ・ノワール種のブドウをメインに、シャルドネとピノ・ムエルをブレンドし、ピノ・ノワールで醸造した特別な赤ワインを加えるという素晴らしいブレンドの技でサーモンピンクの美しいロゼに仕上げられます。

ブーブ・クリコのローズラベルのシャンパンの画像

新鮮な赤い果実の後にドライ・フルーツやペストリー菓子の香ばしい香りが続くという豊かでエレガントな香りにフルーティーでバランスの取れた味わいを楽しむことができます。

そんなブーブ・クリコのローズラベルをイブの夜に恋人と過ごすお供にするのもよし、サンタコスプレの着ぐるみで仮装して気の置けない友人たちと楽しく飲むのもよし、どんなシチュエーションでもいけそうなワインです。

LINEで送る